読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワカシ:35 cm くらいまでのもの

得た知識や個人にまつわる記事を、週に1〜3本のペースで更新

「読書について」

読書について 他二篇 (岩波文庫) 作者: ショウペンハウエル,Arthur Schopenhauer,斎藤忍随 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 1983/07 メディア: 文庫 購入: 27人 クリック: 297回 この商品を含むブログ (177件) を見る 半年くらい前、めちゃめちゃ本読んだ…

「逝きし世の面影」

前記事で偉そうに書いた shusseuo.hatenablog.com に関連して、当時の日本についてもっと知りたくて、以前こんな本を読んだのを思い出した。 逝きし世の面影 (平凡社ライブラリー) 作者: 渡辺京二 出版社/メーカー: 平凡社 発売日: 2005/09 メディア: 単行本…

なぜ、僕は戦前の日本にロマンを感じるのか

僕は戦前の日本にロマンを感じる人間だ。 ヒッピーに共感できる自分は、思想的にはかなり左寄りな部類なんだけど、 それでも戦前の日本は美しいと思う。 明治維新によって西洋から流入した産業革命と国民国家が急速に浸透していく中、 江戸時代までの閉ざさ…

15歳から10年間、遊び呆けてた僕が勉強したくなった話

勉強したい。ものすごく勉強したい。 最初にこんなこと言うと嫌らしいかもしれないけど、 僕は、高校に入るまでは結構目立つくらいお勉強のデキる子供として育ってきたんだ。 ただ、家庭崩壊だったり、反抗期だったり、地方の進学校の保守的なカラーが嫌いだ…

就活イベントで使ったプロフィールの転載

僕がエンジニアを目指し始めた経緯について。 ーーーーーーーーーーーーーーー 卒業後は、TVCMや映画の制作会社で働き、その後は高円寺にできるイベントハウス(音楽やトークや演劇をやるカフェ)のオープニングスタッフとして立ち上げから携わりました。 経営…

はじめまして

どうも、ワカシです。 煮ても焼いても生でも美味しい僕の大好きな魚、ブリ。 その35cm以下の青二才を日本では「ワカシ」と呼ぶんだね。 モジャコ(稚魚)→ワカシ(35cm以下)→イナダ(35-60cm)→ワラサ(60-80cm)→ブリ(80cm以上) https://ja.wikipedi…